定期借地権マンションから所有権化への提案

定期借地マンション誕生の理由

定期借地マンションの誕生は旧バブル時の落とし子!

都心のマンション用地は旧バブルにより土地が高騰し、マンション用地確保が困難となりその対応として生まれたものと言えます。

定期借地マンションの利点

定期借地権とすることによって、比較的に低額でゆとりのある間取りのマンションを提供することが可能となったのです。

定期借地マンションの実態と欠点

しかしその結果として、定期借地権としての期間(50~70年)において将来マンションの解体を行うための解体準備基金・積立金・地代を支払い続け、期間終了時にはマンションから立ち退き明け渡すことになります。

これではマンションの購入というより賃貸マンションと何等変わりません。

定期借地マンションの課題への対応

この定期借地マンションの用地(敷地)が定期借地権になっているものを、所有権とすることにより通常のマンションとなります。

これにより期間満了に立ち退き明け渡す必要もなく、マンションが個人の資産となりこれからの人生においての選択肢が増えます。

 

定期借地マンションの盲点は、マンション購入時においては諸条件が一応満たしていると考えますが、購入後の長い人生の経過や節目において変化していくもので、立ち退くこともなくマンションを資産とした方が人生における選択肢が確実に増え変化に対応することができるものと考えます。

弊社 株式会社北丹住宅販売におきましては定期借地マンションの土地所有権マンション化につきまして、不動産業界では最初に取り組んでまいりました。

 

何分にもこの一連の作業は立法も新しくその事例はありませんでしたが、その必要性から不動産業界として司法書士、そして弁護士の新しい発想と理論の裏付けを努力の結果として種々の問題を乗り越え実現することが出来ました。

 

現在定期借地マンションの選択肢には、土地所有権マンション化をモデルとして自信をもってご提案申し上げます。

 

株式会社 北丹住宅販売

代表取締役 福田邦夫